Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

ロシアをNATOに招くルペンの背後のフランス国際資本は、イギリス国際資本と比べて歴史的に親ロシアであった

jp.sputniknews.com

 ルペン党首、露をNATOに招くよう提案

 Sputnik2018年07月11日 18:19

 

フランス政府は、当時のソビエト連邦時代から、ロシアに対してはイギリス政府と違って親和的であったが、その流れに逆らわないこのルペンの言動は、彼女がフランス国際資本の親ロシア勢力の代弁者である事を表している。

 またロシア・プーチンと友好関係を結ぶ多くの勢力に凡そ共通するのは、日本人が好む二極的表現で言えば、それが右翼と呼ばれ様と左翼と呼ばれ様と、彼らは反・非シオニスト系の勢力である事だ。

ただし、カネになる話であれば、その関係性は一旦、無視されるだろう(笑)。

そして忘れてはならないのは、この日本に於いても、シオニスト系国際資本とその支配下の諸勢力、及びそれに抗する反・非シオニスト系国際資本勢力が存在する事である。

ここで日本のクソメディアの論調を読めば、シオニスト系の姿勢が露骨にそこで示される事になる。

例えば、現職アメリカ大統領トランプを「氏」付けで呼称する異常さだけでも、シオニスト系国際資本が豊富な資金を提供することで、ロビイストやメディア、選挙応援団体、宗教団体、人権団体、平和団体などを繕って動員し、イスラエル国内のシオニスト系勢力が、アメリカの政治経済の世論操作に大きく影響力を与えている現状を破壊しようと目論むトランプを、大統領としては決して是認しない報道姿勢を貫こうとする日本のクソメディアが、そのどちらに立脚するのかは余りにも明白だ。

そのシオニスト系勢力下にある日本のクソメディアたちの共通理念である「由らしむべし知らしむべからず」は、それが例え論語にある言葉であっても、それが支配関係の本質を表す以上は、古今東西、深く隠然としながらも頑強に存在するのである。

そして現代人における「支配関係」を表す典型的な言葉は、洗脳を目的に提供された教科書に書き記されることは決してなく、既に古代イスラエルヘブライの ヨシュア記(口語訳) - Wikisource にある次の語群の中に、厳として書き記されている。

我々99%層とは、そこにある「水汲み」の者の事であったのだ。

9:21

長たちはまた人々に「彼らを生かしておこう」と言ったので、彼らはついに、全会衆のために、たきぎを切り、水をくむものとなった。長たちが彼らに言ったとおりである。

9:22

ヨシュアは彼らを呼び寄せて言った、「あなたがたは、われわれのうちに住みながら、なぜ『われわれはあなたがたからは遠く離れている』と言って、われわれをだましたのか。

9:23

それであなたがたは今のろわれ、奴隷となってわたしの神の家のために、たきぎを切り、水をくむものが、絶えずあなたがたのうちから出るであろう」。

9:24

彼らはヨシュアに答えて言った、「あなたの神、主がそのしもべモーセに、この地をことごとくあなたがたに与え、この地に住む民をことごとくあなたがたの前から滅ぼし去るようにと、お命じになったことを、しもべどもは明らかに伝え聞きましたので、あなたがたのゆえに、命が危いと、われわれは非常に恐れて、このことをしたのです。

9:25

われわれは、今、あなたの手のうちにあります。われわれにあなたがして良いと思い、正しいと思うことをしてください」。

9:26

そこでヨシュアは、彼らにそのようにし、彼らをイスラエルの人々の手から救って殺させなかった。

9:27

しかし、ヨシュアは、その日、彼らを、会衆のため、また主の祭壇のため、主が選ばれる場所で、たきぎを切り、水をくむ者とした。これは今日までつづいている。

 

 

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

 

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com