Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

仮想通貨に金バーを連動させ、USDから新仮想通貨に替えたいNWO世界統一政府勢力

blog.goo.ne.jp

www.mag2.com

 

仮想通貨1単位の価値を、ゴールド数グラムの価値と固定してリンクする仕組みである。すでに流通している既存の仮想通貨の価値を、事後的にゴールドと連動することは難しい。しかし、まったく新たな仮想通貨を作ってしまうのであれば問題なく可能だ。」

と、再び不可思議な仮想通貨への信用創造が、提唱され始めた。

金バー自体の信用度については、生産量以上の取引量が市場に出回っているとか、数多くの偽物が市場に回っているといった、一般人には真偽の程を確かめるのが極めて困難な情報が徘徊している現状では(ネット上では、そうした類の情報を予めニセ情報として一括りにし、真偽の行程を経ることなく早々に削除される)、金バー預かり証券ではなく、信用力がある販売店から「現物」を購入するのが、一般市民にとって絶対条件なのだ。

しかし、この記事に在る様に、最初から両者を直接的に結び付けるにしても、価値を歴史的に公然と認められた金バーの「実物」がある一方、元より何の担保力がなく単なる新しい「情報の塊」に過ぎない仮想通貨を、どうやって「一体化・同価付け」出来ると言うのか。

こうした根源的な矛盾は、新たに仮想通貨を造ろうと、旧然の仮想通貨であろうと、その双方に共通して存在しているのだから、それはビットコイン市場の焼き直しに過ぎない、怪しげな電磁的取引市場を形成するだけである。

もし、この双方が直接的に結びつくのが可能なのだとすれば、それは実質破綻済みのUSDに代わって、例えば、BIBIT(笑)とでも言う新たな仮想通貨の呼称を、金の価値の呼称として同化させて使う場合のみなのだ。

つまりは、使用時の匿名化で個人情報が保護される現金決済制度を廃止し、あらゆる個人情報を集積できるネット決済・電磁的決済を一気に促進する道具として、高い利用価値があると言うのが、この新たな仮想通貨の存在なのである。

そしてその後、仮想通貨に思うがままの操作性を付与する為、やがては再び金バーとの結びつきを切断されるだろう。

それが、この詐欺的資本主義社会で、0,1%層の工作員として金バーが与えられたマッチポンプの仕事なのである。

 

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com

bachacha.hatenablog.com