Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

中国の「社会信用システム」が、日本でも「階級社会監視システム」として稼働する

jp.sputniknews.com

 

社会信用システム構築計画綱要 (2014~2020年)(前・後)

https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/china-bri/cb140717.pdf

https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/china-bri/cb140729.pdf

 

この階級監視システムは中国に限らず、民主主義を自称する日本人社会においても、共謀罪が適用される犯罪の内、数条の犯罪では富裕層や特別公務員などで実質的に適用されない構成になっている事から見て、不公正な税制制度以外に、この様に刑法上でも、あからさまで不当な階級差別制度が現に存在するのであるから、この中国の様な階級支配的、国家主義的な監視の仕組みが、ネット決済や国民総背番号の記載促進などの連携で、少なくとも試験的に、或いは随時、推進されていると考えるべきである。

紛れもなく、恐怖の「1984」の世界だ。

国内外での個人生活情報のビッグデータ蓄積は、常に経済的利便性をうたい文句にして、「社会信用システム」と呼ばれる「生活監視システム」の素材として1%層の利益のために利用される。

その情報に基づき、商業目的は勿論の事、生活安全の目的を錦の御旗にする政府機関は、99%層を潜在的に危険性を有する階級に属する人物として、生体情報を駆使し、24時間365日追跡して情報を更に蓄積、監視する。

勿論、富裕層と超富裕層の1%層、そして彼らから信用付与の手続きをなされた場合の人物は、格別の信用の地位を得、あらゆる場面で優遇されて監視カメラの対象から外されるから、空港での身体透過検査は無用、荷物検査は行われないか、簡単だ。

その一方、一般国民市民の99%層、無職者や低所得者、老人はその属性から常に生活上で危険視され、監視カメラはそれらを対象者として玄関先から空港搭乗口の最後までの行程は勿論のこと、あらゆる状態を生体情報で追跡し、空港での身体透過検査と荷物検査は、こういう人物の為に念入りだ。

移動手段の分野では、新幹線や鉄道で既にそれは常態化した。

99%層は、一刻も早く覚醒しなければ、このまま1%層の奴隷か家畜として生きていく以外に道がなくなる。

 

 

bachacha.hatenablog.com