Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

遺伝子組み換えサケでやがては汚染された遺伝子が自然界に放たれる結果となるだろう


これが、21世紀のフランケンシュタイン博士の犯罪だ。

しかも、その影響は極めて深刻化する。

一旦、何らかの原因で自然界に放たれた場合の遺伝子を回収するのは不可能だ。

こうして、カネへの偏執症患者である1%層のための、商業活動を騙る邪悪な犯罪がはびこる現代社会は、人類自滅へとひたす走り続けているように思えて仕方がない。

人類が福島311の教訓を何一つ学んではいない事から、それは明らかだ。

また、汚染遺伝子が人類の遺伝子と健康、そして自然界全体に与える影響は、人類と自然界が数世代を経た結果を待つ以外、それを確認できるはずがないではない。

しかも、著作権特定秘密保護法などによる情報隠ぺいが公然となされる事無く、公明正大に公開されない限り、それを確かめる術は出来ない。

彼らは、間違いなく悪魔との取引を行ったのだ。