Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

日本車はデザインの個性と色気を失って無能運転者のAIオモチャで地獄へ向けて走り続ける


昔の日本車のデザインは、US車をパクったと言われたデザインが多かった。

だから、中国の悪口で、デザイン盗用を指摘するのに少しは遠慮が要るなずだ(笑)。

だが、色気や個性は今の日本車と比較にならない程、豊かであった。

現在の日本車は、「AT車」の「釣り眼」で「大口」ばかりではないか。

自動運転の機能についても、人間が持つ事前の情報量や経験的能力には敵わない。

ここは信号無視や速い速度で自転車を利用する学生が多く住む地域だから、低速走行が必要だとか、次の交差点での青色矢印信号の点灯時間は5秒だから、それを計算した速度の加減が必要だとか、視界が全く効かない風吹の高速道路では、左側のガードレールを車線の代わりにして方向と車幅を決めるとか、こうした能力を自動運転車は搭載してはいないのだ。

北海道の冬道自動運転という一場面に限っても、運転者が持つ経験と知識には到底勝てないと断言したい。