Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

「1%の可能性」であってもそれを捨てないのが科学だ

イーロン・マスク氏の言う通りだ。

人類が行う分野にAIが進出し、それに取って代わると言う事は、その分野での人類が持つ潜在能力が衰退し、加速度的にAIの利用度が高まり、AIへの監視能力と支配力も弱まっていく。

あの「ターミネーター」の世界なのだ。

それすら想像できず、懸念の念を全く持ちえないのなら、その人物は科学的な思考をしていない事になる。

科学の世界は、「100%」という数字を声に出すには常に慎重であるはずだから。

日本人もまた、あの福島第一の深刻な問題を何の根拠も無く、何事も無かったかのように、すでに自ら忘れ去ろうとしている。