Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

サッポロ・シティ・ジャズ? それでカネを取るつもりか?(笑)

www.youtube.com

 

私は、このブログにある一連の記事から分かるように、ジャズも大好きだ。

だが、このサッポロ・シティ・ジャズには全く足を運ぶつもりはない。

それは、聴くに堪えられないからだ(笑)。

開催期間中に合わせて数千円から数万円もの入場料をお客様から頂く以上は、それに相応しい力を付けなければいけないのは当然だと、書き添えておこう。

札幌市という役所は、やれSIAF札幌国際芸術祭だの、サッポロ・シティ・ジャズだの、YOSAKOIソーランだの、大風呂敷プロジェクトだの、1年中、会話も出来ないくせに(笑)英語を乱発し、札幌市中心部で、ただただ浅薄に歌って踊ってお祭り騒ぎに終始して、実に軽々しく、感受性や思索力に欠けた街に仕上げた。

広告代理店を介して、こうした英語圏文化を押し付けるのも、あの内閣官房クールジャパンムーブメント推進会議(内閣日本経済再生本部・楽天会長三木谷浩史が民間議員を務める産業競争力会議の下部組織)が進める英語公用化政策に連なる、日本人への情緒的誘導工作の流れにあると断じておく。