Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

スノーデン★4年前の「暴露」発表時に調査報道を回避して監視体制が強固になった今にノコノコとインタビューに出かけたクソメディア


 

この共同通信社の記事は、彼が暴露発表をしてロシアの下で庇護された4年前に既に存在するべきで、この4年間、日本の大メディアは一体、何をしていたのかという余りにも恥ずかしい、正しく恥さらしの記事である。

この4年間で、日本政府によって個人情報保護法改正(報道規制法・ビッグデータ商業利用促進法)や、現在、少なくとも全国で500万台以上存在すると推定される監視カメラの拡充、スマホ、モバイル、デジカメなど移動通信網での位置情報標準装備化、各種機器での生体認証制度の標準化、人体へマイクロチップ埋め込み利用促進、決済手段における匿名的現金決済の廃止と個人特定のネット化促進、といったようにジワジワと市民完全管理、即ち人類家畜化を目論む国家主義社会へと社会体制を移行される中、遂に与党政府官僚の手によって、参院で過激な弾圧法共謀罪審議入りと来た。

99%層の市民にとって真の過激派とは、政府与党、官僚の事なのだ。

メディア?真面な市民は、既に相手にはしない。