読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

「細心の注意を払いながら」?そもそも安全なら細心の注意が必要か?見出しの御用記事にはウンザリだ

 

上記の判決内では、下記の様にある。

「既に20年以上にわたりこの問題に直面し続けてきたウクライナ共和国、ベラルーシ共和国は、今なお広範囲にわたって避難区域を定めている。」

政府に不信感を抱き、放射能汚染へ強い怖れを抱くのは、福島311を待つまでもなく、チェルノブイリ原発の経験からしても人類にとって余りにも至極当然の感情だ。

環境省の官僚たちは、現実に自分の子供や孫を汚染土壌の上で遊ばせるのを推奨できるのか?