読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

札幌冬五輪開催経費4565億円!?高額な地下鉄料金と70歳以上の敬老優待料金適用を65歳に下げるのが先だ

www.youtube.com

札幌市でも、経済成長を止め、99%層の所得増加と望む子供の出産を阻むことになる保育所不足に関して、実際は潜在的待機児童が増えているらしい。

全く札幌市は、何を考えているのか。

町興しだの、地方経済発展だの、カッコいい言葉ばかりを並べておいて、だが、やる事は真逆の事ばかりのトンチンカン。

ナネがあるのは老人だ!と言うのなら、老人がカネを使いやすいような環境作りを整えなければ、カネは使わない。

70歳を迎えれば足腰が弱まって来るので、70歳で地下鉄利用優待割引を始めても出先での消費行動は極めて限定的になるのだから、むしろまだ足腰が健康な定年退職直後の65歳から割引をして、そこに外出と消費行動を促す事が経済的効果は高まる。

しかも、高齢者優待乗車証は全てICカード化されたため、札幌市の説明では「個人情報は匿名化」した上でビッグデータへ流される。

だが、例えば出発地、経路、多用する店舗と商品、それらで利用するクレジットカードやポイントカード、といった共通する情報を重ねて行けば、簡単に個人情報が一致して個人を特定できるのが、ビッグデータというものだ。

札幌市と言う役所は、民間企業が広範な個人情報を獲得できる機会を提供するための窓口になっているのが実態だ。

それにしても、’26年冬五輪開催への賛成の声が減少するのは当然だが、何時もの通り、ここでも市民へ向けて広告代理店を動員し、洗脳工作を謀るだろうな。

どこまでも、クソな奴らだ。