読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

「恋する奥様たちのエステ効果論」上沼・高田のクギズケ!から「悪い奴ほどよく眠る」へ行ってみる

40代を中心に夫婦間の性関係が希薄になった人妻が、例えばテニス教室などの若い講習者やトレーナーに恋心を抱くのは、言わば「エステ効果」であると日本TV 番組「上沼・高田のクギズケ!」で話題に上っていた。

私が知る限りでは、早くも20代から始まって、ただし小さな恋慕は別にして、奥様族の男遊びは決して少なくないと知っている。

旦那に内緒でヘソクリを貯め、離婚後の自分のためにマンション購入資金を作っている40代女性もいたが、彼女は私の友人で、旦那から※※※された事を「夕べ、犯された」と挑発的に笑ってビールを飲み干し、熊田曜子似の明る過ぎて過激に楽しい女性だ(笑)。

概して年齢が低くなるほど、遊びの危険性を深く考えることなく、即興的で自己抑制が出来ない。

それが私の若い時から比べても、自身の経験上、確かにその程度は高まっている。

その背景には、IT機器とネット環境の発達で氾濫する世俗的な情報にもまれるために、自身の思考と行動とを少なくとも少数派ではない、或は動機や理由に同情されるはずだ、バレさえしなければ全く問題でないと仮想化して正当化したなどの、考え方や心理の世代的変遷があり、特に「バレなければ」は広く広まったように見えるのだ。

「悪い奴ほどよく眠る」か(笑)。