読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

産軍複合体が儲けるだけで当たりもしない迎撃ミサイルよりも核シェルターを造るのが優先するはずなのに(怒)

「弾頭」命中率は10−20%と極めて低く、核ミサイル迎撃には役に立たない!!(朝鮮日報) 戦争とはこういう物

政府は、脅威、脅威、緊張、緊張、空襲警報、空襲警報、訓練、訓練と、毎日、毎日、クソメディアを使って、日本国民市民へ不安と国策追従を煽りたてているが、全くのペテン詐欺社会、日本だ。

核の多弾頭ミサイルであれば、迎撃は200%不可能だ。

海上の近接から戦術核を打ち込めば、迎撃は200%不可能だ。

原発の近傍から、外部冷却装置へ非核通常弾頭を打ち込んでも、冷却不能となって福島311同様にメルトダウン溶融だ。

水も食糧も汚染され、汚染地帯にある道路や上空は運搬手段を得られないので、行政運用、緊急安全体制、食糧や燃料などの生活必需品の運搬や、修理体制を得られない。

核爆発の方法でなく、いわゆる「汚い爆弾」を用いれば、その効果は絶大だ。

汚い爆弾 - Wikipedia

核だけでなく、BC兵器などでも、幼い子供、女、非戦闘員の日本人は全滅する。

規制が議論されている兵器 - Wikipedia

騙されるな。

迎撃ミサイルで、日本の国民市民を守るのは不可能だ。

それは兵器産業界のゼニ儲けでしかなく、詐欺資本主義の見本に過ぎない。