Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

「完全なる福祉社会」へ向けて疾走する日本・徘徊老人を捜索する監視カメラの次に何が待っているのか

 

大量監視社会誰が情報を司るのか

山本節子[著]

http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1361-6.html から引用→

「海外からの入国者に、指紋、顔写真を撮る日本、アメリカ。
アメリカの空港で犯罪者扱いされてイヤな気持ちになった人は多い。
しかし、あなたの指紋と顔写真データがどこで管理、分析、利用されているかは、ブラックボックスである。
コーポレートクラシー、スーパーキャピタリズムが進展する中で、行政、企業は、個人の情報をどのように、登録、認証、監視、分析しているのか。
間違った情報入力によって個人が社会的不公正をこうむらない術はあるのか。
異常さが突出する日本とアメリカの「マス・サーベイランス(大量監視)社会」の現状と、その暴走が何を引き起こすのかを大量の資料から冷静に分析。」

 

「完全なる福祉社会」は、「完全なる防犯」が「完全なる国民監視社会」でなければ成り立たないのと全く同様に、「オレンジセイフティネットによる完全なる監視社会」でなければ、それは成立しないのだ。

「オレンジセイフティネット」とかいう、甘味な優しさに満ち溢れたカタカナ語で表現されたこの怪しげな仕組みは、一体、何処の会社が開発したのか。

それはUSの会社か?日本の会社か?株主は誰だ?経営陣は誰だ?親会社はどこだ?

ゴーギャンには、次の様な題の作品がある。

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか - Wikipedia