読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

リベラリストたちの偽善と愚かさをオバマの講演問題が教えてくれた

dd.hokkaido-np.co.jp

かつてのオバマ支持者たちは、彼を非難する前にリベラリストと称した自らの洞察力と思考力がなかったことを恥じるのが先だ。

民主党及び共和党の主流派は、軍産複合体の使徒である。

オバマについては、彼の母親と彼自身が、当人の意志に関わりなく、CIAに関係する人物や仕事に接していたという情報さえあるのだ。

今まで何度も書いてきたが、US大統領は、US国際資本の使徒となることなしに大統領職に就くのは不可能、あるいは抵抗して使途を辞めた途端に、JFKたちの様な最期を迎えるのが大統領の歴史上の運命だ。

一体、日米の自称リベラリストたちは、歴史から何を学んできたと言うのだろうか。

オバマの高額な講演料どころか、彼らリベラリストの偽善と愚かさ、浅薄さにこそ、私は落胆させられてきたのだ。