読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

「北朝鮮祭り」で不安感を煽り監視と抑圧で国民の統制を進める政府は「家畜人ヤプー」の社会を目指す

dd.hokkaido-np.co.jp

家畜人ヤプー」とは→ 家畜人ヤプー - Wikipedia

政府は北朝鮮がミサイルを撃つ度に、列車を止めるつもりだ。

こうして社会的に情緒的、印象操作で不安感を広め、監視カメラや国民総背番号カードなどを正当化する狙いが有り有りだ。

だが、振り返って、朝鮮戦争時には普通の生活をし、米ソ核戦争の瀬戸際まで来たキューバ危機でも、電車を止めるようなことは一度も無かった。

列車を止める事が何故、安全確認なのか?

核ミサイルなら、列車を止めようと止めまいと、放射能で死ぬしかない。

細菌化学兵器なら、そのまま死ぬまで列車内から出ないで止まるか?

戦争が始まれば、そうした呑気な対策措置では、国民市民は納得しない。

真の安全確認とは、こうした猿芝居の無責任でどう喝的な政治を拒否非難する事から始めることだ。