読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

個人情報収集に拍車がかかる限りUSツイッター利用者の頭打ちは続く可能性がある


 

ツィッター利用者にも、意識が高い者はいる。

利用者とそれに連なる利用者、あるいは記載表示される人物についての個人情報をツィッターから収集されるのを嫌い、注意深く利用し、こうして顔の生体認証など情報収集機能が強化されれば、更に利用には注意深くなり、継続利用するに慎重さが必要になって当然だ。

ツィッターに限らず、誰しもがネット利用での安全ソフトを有償で利用する様に、個人情報の一定程度の安全確保には経費が掛かるのは元々当然のことだが、ツィッターを止め、アナログ的連絡方法を復活させ、時には当事者間で取り決め交換した暗号を介入させ、あるいはTorの様な暗号ツールを利用し、様々な選択をするとともに、そうすることで経費と時間が生じたとしても、大量の個人情報が収集されるのに抵抗するのなら、それは充分に価値ある行動だ。