Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

UK国際資本は中国との経済関係で日本に勝利したこの先に世界政府で99%層を管理する

jp.sputniknews.com

日本の支配層は、US国際資本の煽りで近未来の日中軍事衝突を演出し、日中間の対立の道へと日本を誘導してきた。

この対立は、日中双方の政権にとって国民への国家管理を強化するための道具として一定の利益になる以上、簡単には解除されないだろう。

だが、その間に欧米国際資本はますます経済権益を中国に埋め込み、その関係性は日本人が想像する以上に、広範に亘って深化する。

もはやアジアは抜きがたい中国の経済圏に入っている事、日本政府はその現実とそれに至る歴史を国民に知らせない。

世界の1%層が共通して国民監視に利益を持つ限り、「共謀罪」の審議入りは歓迎だ。

そしてインターネットを駆使した各国の国民監視強化は、欧米国際資本が主導するグローバル経済主義即ち国家独占資本主義社会への環境作りには欠かせない。

世界市場支配を効率的に推進するための英語公用化と世界統一政府創生、それらもまた、国際資本には不可欠な社会制度なのだ。