読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

35%が少なくとも喫煙原則禁止に戸惑うか反対という意識調査の結果だ(笑)

dd.hokkaido-np.co.jp

政府がタバコ製造で喫煙を支援する一方で、喫煙禁止を個人の意識に対して強要するという不可解な政策の下で、分煙可能の店舗設計、もしくは喫煙禁止と喫煙自由の店舗の住み分けで問題を解決できるはずだが、そこで「原則」を条件づけて賛成かどうかと質問を設定すれば、「賛成」へと流される回答者は一気に増加するわな(笑)。

これを誘導的質問と言い、喫煙者の自由を抑圧したり、印象操作で恐怖や心配を煽りまくって、99%層へ各種のワクチンを強要するなどの強圧政策を「健康ファシズム」と言う。

政府が勧める、或は義務化したワクチン接種の種類数は22あるのだが、日本人全員がこれを全部受けたら、きっと平均寿命は100歳以上になる・・・かな?(笑)。

日本で接種可能なワクチンの種類

ちなみに、私は煙草の煙が嫌いであることを付言しておく。

それでもなお、政府が進める「健康ファシズム」には、本来的な「健康」から離反した、海外からの圧力と政治的目的しか感じないのである。