読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

学術会議に同調するだけでは北大の姿勢には主体性が欠ける

dd.hokkaido-np.co.jp

国公立大学として一定の同じ動きが必要」と学長は言う。

だが一見、学術会議の平和指向の声明に同調するのが、北大もそれと同様に平和指向であるかのような印象をもたらすが、そこで何故、「一定の同じ動きが必要」なのか。

学術会議がどういう姿勢を示そうと、独自に北大の平和指向を示せば足りる。

仮に、将来に学術会議が姿勢を転換した時にも、「国公立大学として一定の同じ動きが必要」だとするのか。

私は、ここで揚げ足取りをするのではない。

集団主義的、国家主義的傾向が今の日本社会で強まっている中では、個々人、個々の団体が、自らの意志をしっかりと固めるのが大切であって、「国公立大学として一定の同じ動きが必要」とする集団主義的な姿勢を示す必要は全くないのだ。

ここで学術会議の声明に同調する姿勢を示すとすれば、「北海道大学は学術会議に賛同する」などの、「北海道大学独自」の姿勢としてそれを示すのが大切だという事だ。

今の北大に、それだけの度胸も思想も強く残っているのを期待する。