Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

「大沢たかおのジェットストリーム」は最悪・・・に賛意(笑)

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

「過去のパーソナリティと比較されてしまうのは仕方がない」

「気に入らなければ無理に聞かなくてもいい」

「あなたの方が「活舌が良い」「ナレーションの基本技術が有る」のですか?。そうだから、こんなデカイことが言えるんですよね?」

色々と声が上がっていたが、冷静な聴収者からの好評と悪評が表明されるのは当然で、それが大沢たかおへの評価なら、寄せられた評価の一つとして有難く甘受するのが、番組制作者と資本提供者の立場だ。

「気に入らなければ無理に聞かなくてもいい」というのも一理ある。

だが、聴きながら批判を加えるのもまた、番組のファンなら当然に一つの姿勢だ。

ファンは、聴くのを止めるか、聴きながら批判を加えるか、自由にそれを選択すれば好いのであって、番組制作者側もまた、ファンの声を収集して番組作りの参考要素とするのだから、「無理に聴かなくても」の考え方は、短絡的で稚拙な考えに過ぎない。

「あなたの方が、・・・のですか?」もまた、随分と稚拙な意見で、その意見だとファンと制作側の技量を同格にしなければ、批判をする資格がないとなるのだから、噴飯ものとはこうしたものだと思った。

これは多額納税者が、生活保護者への保護費支給を税金の無駄遣いだとして、全面廃止しろと意見する思想とよく似た、一神教的思考回路なのだ(笑)。

次のサイトの、最後に在る筆者の感想「 夢のある番組 歴代機長の日本語の美しさ」の言葉が重い。

matome.naver.jp