Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

TBSは自由主義の立場に立った知的な報道機関なのか?それとも洗脳機関なのか?

報道の日2016 「世界を揺るがすテロ~激動のアメリカと日本」[字] ウェブ検索12/30 (金) 11:00 ~ 17:30 (390分) この時間帯の番組表HBC北海道放送(Ch.1)ニュース/報道 - 特集・ドキュメント , ドキュメンタリー/教養 - 社会・時事

番組概要

トランプ新大統領誕生で、日本はどうなるのか?世界に暗い影を落とすテロの連鎖の行方は?日米半世紀の歴史秘話を紐解き、記憶に残る凶悪テロ事件を徹底検証。未来に備える。

←以上は今日のTBSのTV番組の概要だが、相変わらず知識を持たない出演者を揃え、刑事犯罪とテロを分けることなく、選別的で表層的な事象の羅列で、論理的解析と思考を排除し、恐怖だけを前面に押し出して情緒的刺激で視聴者を洗脳誘導する極悪番組だ。

この手の番組は、決してテロの深部構造、社会経済の深部構造へはカメラを向けない。

世界中の昔のテロは、皇帝、政治家、財界人ら社会的上層部への行為、あるいはクーデター、反乱、革命といった行動で表れた。

現在は、常に99%層である一般市民、社会的下層民に対してテロが行われるという、以前とは実行者側と対象側がひっくり返った、不可思議な事態が進行中だ。

デモさえも反政府活動テロと称して印象操作しているのが、この番組だ。

つまり、「テロ」とは1%層側が恣意的に使っている言葉であると言う事だ。

例えば、東欧州や北アフリカ、中東などで伝染したカラー革命を、1%層が支配するTV新聞は、それをテロとは決して言わない。

なぜなら、アメリカ合衆国国際開発庁(USAID)や、ジョージ・ソロス財団が資金供与する故の事情があれば、彼らはそれを民主革命と言ってはばからない。

色の革命 - Wikipedia

テロ実行犯は、過激派?(笑)

国民を総背番号や監視カメラで、がんじがらめにした上で、福島原発汚染情報などのネット情報を収集監視し、更に原発再稼働を狙い、タックスヘイブンや税制、年金などの不当な制度で国民を家畜化する1%層こそ、もう一方の立派な過激派ではないか。

政府への問題批判を回避する報道機関は、国民市民を弾圧する共産党ナチス党の政権下のそれと全く変わりがないのだ。

さらに言えば、今の日本のクソメディアに騙される人間がいるとすれば、その人物はよほどのノータリンだと言えよう(笑)。

それだけ現在のクソメディアは稚拙、露骨なファシズムの様相を示している。

こうしたTVを使った印象操作が狙うのは、共謀罪の創設だ。

共謀の事実が無くても、友人知人に対して嫌疑を理由に逮捕、取り調べをして社会的に抹殺することで、見せしめにする。

1%層は、国家独占資本主義社会、国家(全体)主義社会、家畜社会建設を目指す。