Bachacha

音楽、伝統文化、経済社会などに関心あり

誰がそれを車載標準装備にしろと言ったのか:トヨタの車造り

そこに装備を標準化する正当な理由がありはしない。

ただただ、位置情報を強制して発信させようとしているだけだ。

例えば、札幌の様に凍結路面では、ほとんどの運転者が扱いを間違えているのが、強く踏み込むとロック状態で不安定な走行に成り易く危険になるABS装置だ。

その場合、エンジンブレーキと軽いフットブレーキを併用するのが正解なのだ。

また、燃費が良いパートタイムを排除して燃費を悪化させるフルタイム4WDがある。

さらに、変化が激しい凍結路面への対応場面で多くの操作を選択ができ、適切な操作ができるので安全で、しかも燃費が良いマニュアルを徹底的に排除して、オートマチックを全国で標準化した。

製造会社の都合で購入者の選択を奪い、強制的に購入させる様な履歴からしても、この通信機能には車の購入者一般の利益になるとは考えられないのだ。

経済的目的から、この様に近時の新車には、過重な付加価値を付けて標準装備し、それで価格を上げようとする露骨な傾向が強い。

ましてや通信機能を強制的に付加すれば、当然に位置情報は収集される。

車を運転する際に、一体、誰が自身の位置を収集されることを望むのか。

エドワード・スノーデンが暴露したネットの危険性を、もはや世間は忘れ去ったのか。

誰が、ネット情報というものを一番、望んでいるのか。

トヨタ、車の通信網を整備 KDDIと共同で | どうしんウェブ/電子版(経済)